ニュース・活動報告

2017年のニュース・活動報告

第6回全道幹事長会議を開催

 

民進党北海道は8月2日、第6回全道幹事長会議を党会議室で開いた。
冒頭、市橋修治幹事長は挨拶で、蓮舫代表に辞任表明について「突然の代表辞任、任期全うせずの辞任が続いていることは大変残念であり、政権を目指す政党として国民から信頼を得ることはできないのではないか」との考えを示した。また、安倍政権が坦々と憲法改悪にむけての動きを進めていることに関して、「民進党北海道は今月末から、共謀罪廃止・憲法改悪反対の全道キャラバンを開始し、合わせて道民に周知するチラシを作成・配布する行動をこなう」と述べ、「北海道から民進党の信頼を勝ち取ろう」と訴えた。
会議では、報告事項として、中間選挙の結果、2018年度国費予算等への提言・要望、解散総選挙・統一自治体選挙に向けた総支部オルグ、女性のための政治セミナーの開催、女性議員等連絡会議総会及び全国研修会開催、各種団体との政策懇談会開催、日米共同訓練の規模縮小とオスプレイ中止の申し入れ――について行われた。
続いて、「共謀罪廃止!憲法改悪反対!」の取り組み、次期衆院選挙北海道重点政策に向けた総支部議論、常任幹事会体制と機関運営、民進党代表選挙――について、協議・確認が行われた。

 

前のページへ戻る
ページの先頭へ