ニュース・活動報告

2017年のニュース・活動報告

第4回常任幹事会を開催

 

民進党北海道は9月23日、第4回常任幹事会を党会議室で開いた。

冒頭、佐々木隆博代表は挨拶で、一気に解散風が吹き荒れていることについて、「理不尽な、権力の私物化・乱用」と断罪した上で、「森友・加計問題に象徴される『認めない・調べない・謝らない』安倍内閣の資質が問われる選挙だ」と述べた。その上で、「民進党としては、格差拡大、平和の危機が極まっていることを訴え、北海道としては完勝を目指す」と述べた。

その後、報告事項として、国会、道議会、札幌市議会の動き、中間選挙の結果、民進党「女性議員ネットワーク会議」総会・研修会、「共謀罪法廃止!憲法改悪反対!」の取り組み、「2017年台風等災害対策本部」の設置――について行った。

続いて、中間選挙候補者の決定、解散総選挙に向けた取り組み(① 各総支部の準備状況 ②「取り組み指示」の発信 ③「当面の留意事項」の発信 ④ 宣伝物制作スケジュール ⑤ 道合選役員会議の開催 ⑥ 全道幹事長・選対責任者・実務担当者合同会議の開催)――について、協議・確認が行われた。

決定した中間選挙候補者は、次のとおり。
 ■八雲町議会議員選挙  日程 10月10日告示、同15日投票 定数16
   候補者 推薦 千葉  隆(ちば たかし)現5期、56才
        推薦 赤井 睦美(あかい むつみ)現2期、60才

 

前のページへ戻る
ページの先頭へ