ニュース・活動報告

2017年のニュース・活動報告

第2回定例道議会報告

 

 第2回定例道議会は、6月20日(火)に開会、道補正予算、「地方財政の充実・強化を求める意見書」、「義務教育の機会均等の確保と教育予算の確保・拡充を求める意見書」などを可決し、7月7日(金)に閉会した。

 会派の代表格質問には、沖田清志(苫小牧市)議員が立ち、知事の政治姿勢、JR北海道や空港運営の民間委託等の公共交通対策、行財政運営、医療・福祉課題、エネルギー政策、経済雇用施策、一次産業振興策などについて質疑した。

 また、一般質問には小岩均(北広島市)、畠山みのり(札幌市南区)、広田まゆみ(札幌市白石区)、三津丈夫(帯広市)の4議員が立ち、当面する道政課題、地域課題について道の取り組みを質した。

 主な審議経過、採択された決議・意見書、代表質問の要旨、一般質問者の質疑内容、委員会等における主な質疑、当面する課題と会派の対応――は、以下をご覧ください。

   PDFファイル(430KB) ワードファイル(47KB)

 

前のページへ戻る
ページの先頭へ