ニュース・活動報告

2017年のニュース・活動報告

「解散総選挙に勝利し、安倍政権の暴走をとめよう」第2回定期大会を開催

 

 

民進党北海道は1月21日、札幌市内のホテルで第2回定期大会を開き、2017年度活動方針と第48回衆院選挙闘争方針などを決めた。

佐々木代表はあいさつで、昨年行われた道内2つの国政選挙に触れ「5区の補欠選挙では一定の成果を上げ、参院選挙では定数3に対し2人の当選を果たすことができた」と述べ、「党員・サポーター並びにご理解をいただいた道民に大きなご支援を頂戴した」と感謝を述べた。また、国家情勢について、TPP承認案や年金カット法、カジノ法などが「強行可決・成立された」と現政権を批判。「北海道から安倍政権の暴走をとめよう」と訴えた。
三津丈夫選対委員長は、次期衆院選挙のうち、候補者が決まっていない7区と11区について、「当該総支部と連携を図り早急に候補者を決定、臨戦態勢に入る」とした。また、統一自治体選挙について、「知事選の候補者と道議会議員の空白地域の選考に入る」と提案、ともに承認された。
最後に、「傲慢な政権運営に危機感を持つあらゆる道民と連携し、安倍政権を退陣に追い込もう」との大会アピールを採択し、閉会した。

決定した、第48回衆院選挙小選挙区選挙の公認候補者は次のとおり。

 第 1区  道下 大樹(みちした だいき)新人、41才
 第 2区  松木 謙公(まつき けんこう)現4期、57才
 第 3区  荒井  聰(あらい さとし)現7期、70才
 第 4区  本多 平直(ほんだ ひらなお)元2期、52才
 第 5区  池田 真紀(いけだ まき)新人、44才
 第 6区  佐々木隆博(ささき たかひろ)現3期、67才
 第 8区  逢坂 誠二(おおさか せいじ)現3期、57才
 第 9区  山岡 達丸(やまおか たつまる)元1期、37才
 第10区  神谷  裕(かみや ひろし)新人、48才
 第12区  水上 美華(みずかみ みか)新人、34才
                        (年齢は1月21日現在)

 

前のページへ戻る
ページの先頭へ